開催日

2019年9月6日(金)~8日(日)

会場

熊本市総合体育館

熊本市電A系統 「市立体育館前」より徒歩約10分

〒862-0941 熊本県熊本市中央区出水2-7-1  TEL:096-385-1010

主 催

公益財団法人日本卓球協会

主管

熊本県卓球協会

後援

熊本県、熊本県教育委員会、(公財)熊本県体育協会、熊本市、熊本市教育委員会、熊本日日新聞社、(予定) NHK熊本、(株)熊本放送、熊本県民テレビ、(株)テレビ熊本、熊本朝日放送、(一財)熊本国際観光コンベンション協会

競技種目

  1. 男子シングルス
  2. 女子シングルス
  3. 男子ダブルス
  4. 女子ダブルス

試合方法

  1. 各種目ともトーナメント方式による
  2. 男女シングルスのみ推薦選手のうち16人はベスト32決定戦よりスーパーシードとして出場する(ダブルスのスーパーシードは設けない)
  3. 男女シングルスは準々決勝より7ゲームマッチ、他は全て5ゲームマッチとする

競技日程

9月 6日(金)

9:00~ 開会式

9:30~ 男女ダブルス(1~5回戦),男女シングルス(1回戦の一部)

7日(土)

9:00~ 男女シングルス(1~5回戦),男女ダブルス(準決勝・決勝)

8日(日)

9:00~ 男女シングルス(6回戦~決勝)

15:00~ 閉会式

競技ルール

  1. 現行の日本卓球ルールによる
  2. 卓球台はグリーンまたはブルーを使用する
  3. 使用球は、JTTA公認プラスチック球;40㎜ホワイトのみとする
  4. 同じユニフォームによる対戦をさけるため、2種類以上のユニフォームを持参すること
  5. ゼッケンは2019年度(公財)日本卓球協会指定のものを使用すること
  6. ラバーをラケット本体に貼る場合、揮発性有機溶剤を含んでいないものとしてJTTAが公認した接着剤のみを使用すること

参加資格

  1. 参加者は、当該都道府県に居住または勤務している者で2019年度(公財)日本卓球協会選手登録者でかつ、段級制規程(注1参照)に定められた有段者であること
  2. 日本学生卓球連盟及び全国高等学校体育連盟に登録している者は出場できない
  3. 学校教育法第1条に規定する学校(この法律で、学校とは、幼稚園、小学校、中学校、高等学校、中等教育学校、特別支援学校、大学及び高等専門学校とする)及び専修各種学校に在籍する学生及び生徒(大学院生は除く)は参加できない
  4. ただし、勤労を生活の主としている者で、大学、短期大学、専修各種学校において夜間授業を行う学部、通信による教育を行う学部に在籍、及び、高等学校において定時制・通信制の課程を履修しているものは参加できる
  5. 本年度の全日本卓球選手権大会(マスターズの部)への重複出場は禁止する。ただし、マスターズの部に参加した者でも、この大会の男女ダブルスには出場することが出来る
  6. 各都道府県の代表者選出方法は各加盟団体に一任する
  7. 外国籍選手は日本で出生して引き続き3年以上日本に在住している者、あるいは、引き続き10年以上日本に在住している者は、男女シングルスに出場できる。ダブルス種目については出場資格制限はない
  8. 無条件参加選手(別表1参照)
    • シングルスの部
      1. 平成30年度全日本社会人卓球選手権大会
        男・女シングルスベスト16の者
      2. 平成30年度全日本卓球選手権大会(一般の部)
        男・女シングルスベスト16の者
    • ダブルスの部
      1. 平成30年度全日本社会人卓球選手権大会
        男・女ダブルスベスト8の組
      2. 平成30年度全日本卓球選手権大会
        男・女ダブルスベスト8の組

参加人員

区分都道府県男S女S男D女D
1熊本(開催地)、北海道、東京、愛知、福岡101055
2埼玉、神奈川、静岡、京都8844
3大阪、兵庫、岡山、長崎6633
4青森、岩手、秋田、山形、福島、茨城、栃木、群馬、千葉、山梨、新潟、 長野、富山、石川、三重、岐阜、滋賀、奈良、鳥取、島根、広島、山口、 香川、徳島、愛媛、高知、佐賀、大分、宮崎、鹿児島、沖縄4422
5宮城、福井、和歌山2211
区分1
開催県及び平成30年度日卓協一般男女選手登録人員上位4加盟団体
区分2
平成30年度日卓協一般男女選手登録人員5~8位加盟団体
区分3
平成30年度日卓協一般男女選手登録人員9~12位加盟団体
区分4
区分1・2・3・5に該当しない加盟団体
区分5
平成30年度日卓協一般男女選手登録人員が1位加盟団体の1割に満たない加盟団体

※一般男女登録人員は教職員、日本リーグの登録人員を含む

参加料

シングルス 1名 3,000円  ダブルス 1組 4,000円

宿 泊

後日、旅行代理店より各都道府県の加盟団体へ連絡する。

その他

  1. 一旦申し込まれた選手の締切期日後の変更は原則として認めない
  2. やむを得ない事情で本大会を棄権する場合は、必ず各都道府県の加盟団体より主管地及び本会宛書面にて連絡すること
  3. 開会式には原則として全員参加すること
  4. 病気、事故に備えて、各自健康保険証を持参して下さい。けが等の場合には、可能な応急処置はしますが、各自の責任に帰することとします
  5. 大会参加中、万一事故のあった場合は、本会の「会員お見舞い制度」の範囲内で対応いたします
  6. 個人情報の取り扱いに関して
    大会参加に際して提供される個人情報は本大会活動に利用するものとし、それ以外の目的に利用することはありません。詳細につきましては本会ホームページにてご確認下さい。
  7. 本競技会は、日本アンチ・ドーピング規程が適用されます

第52回(平成30年度)全日本社会人卓球選手権大会による推薦者

男子シングルス女子シングルス
1 丹羽 孝希 (東京)スヴェンソン
2 町 飛鳥 (東京)シチズン時計
3 大矢 英俊 (東京)東京アート
4 高木和 卓 (東京)東京アート
5 上村 慶哉 (東京)シチズン時計
6 松平 賢二 (東京)協和発酵キリン
7 神 巧也 (東京)シチズン時計
8 濵川 明史 (徳島)個人
1 平 侑里香 (東京)サンリツ
2 森薗 美咲 (茨城)日立化成
3 成本 綾海 (広島)中国電力
4 森薗 美月 (東京)木下グループ
5 田中 千秋 (愛知)豊田自動織機
6 松澤茉里奈 (岐阜)十六銀行
7 高橋真梨子 (岐阜)十六銀行
8 松平 志穂 (兵庫)日本ペイントホールディングス
ベスト16ベスト16
高田 直騎 (茨城)日製日立
山本 勝也 (東京)リコー
御内健太郎 (東京)シチズン時計
笠原 弘光 (東京)協和発酵キリン
藤本 海統 (和歌山)日鉄住金物流株式会社
徳永 大輝 (鹿児島)鹿児島相互信用金庫
池田 忠功 (東京)リコー
飯野 峻輔 (神奈川)MD相模
前瀧 美音 (静岡)デンソー
平 真由香 (茨城)日立化成
宋 恵佳 (広島)中国電力
前田 美優 (大阪)日本生命
平野 容子 (愛知)豊田自動織機
加藤 夏海 (秋田)秋田県庁
池上 玲子 (愛媛)愛媛銀行
三宅菜津美 (広島)中国電力
男子ダブルス女子ダブルス
松下 海輝 (和歌山)日鉄住金物流株式会社
藤村 友也 (和歌山)日鉄住金物流株式会社
森 美紗樹(愛知)豊田自動織機
平野 容子 (愛知)豊田自動織機
鹿屋 良平 (東京)リコー
有延 大夢 (東京)リコー
平 侑里香(東京)サンリツ
松本 優希 (東京)サンリツ
松平 賢二(東京)協和発酵キリン(株)
平野 友樹 (東京)協和発酵キリン(株)
小道野 結(静岡)デンソー
永尾 尭子(静岡)デンソー
横山 輝(広島)原田鋼業
徳島 剛(広島)原田鋼業
松澤茉里奈 (岐阜)十六銀行
高橋真梨子 (岐阜)十六銀行
船本 将志 (東京)日野自動車(株)
田中 博己 (東京)日野自動車(株)
成本 綾海(広島)中国電力
井 絢乃(広島)中国電力
軽部 隆介(鹿児島)鹿児島相互信用金庫
徳永 大輝 (鹿児島)鹿児島相互信用金庫
土田 美佳(広島)中国電力
宋 恵佳(広島)中国電力
大矢 英俊(東京)東京アート
上江洲光志(東京)東京アート
鈴木 李茄(茨城)日立化成
平 真由香(茨城)日立化成
下山 優樹(広島)原田鋼業
矢野 敬之(広島)伊予銀行
土井みなみ(広島)中国電力
庄司 有貴(広島)中国電力