主管

浜松卓球協会

開催日

令和元年8月24日(土),受付 9:00,開会式 9:30

会場

浜北総合体育館サーラグリーンアリーナ(浜北グリーンアリーナ)

競技種目

  1. 一般男子シングルス
  2. 男子ダブルス
  3. サーティ男子
  4. フォーティ男子
  5. フィフティ男子
  6. シックスティ男子
  7. セブンティ男子

試合方法

各種目ともトーナメント方式、11本5ゲームスマッチ

参加資格

  1. 静岡県在住または在勤の者で、日本卓球協会登録者であること
  2. 次の年齢制限に違反しないこと
    サーティ(満30才以上)男女は、平成2年4月1日以前に生まれた者
    フォーティ(満40才以上)男女は、昭和55年4月1日以前に生まれた者
    フィフティ(満50才以上)男女は、昭和45年4月1日以前に生まれた者
    シックスティ(満60才以上)男女は、昭和35年4月1日以前に生まれた者
    セブンティ(満70才以上)男女は、昭和25年4月1日以前に生まれた者

※本大会のシングルスは、1種目に限り出場することが出来ます。ジュニア選考会は、本予選会の後日(9月7日)に開催します。本予選会及びジュニア選考会へは、1種目のエントリーとなります。(例年ですと一般男子シングルスとジュニアへ重複して予選会へのエントリーが出来ましたが、今年度の予選会は重複してエントリー出来ませんので、注意してください)

※本予選会にて選考された選手は、やむを得ない場合を除き、本大会の棄権はできません。万が一、棄権する場合は、静岡県卓球協会事務局:土屋まで事前にご相談ください(090-2139-0141

競技ルール

  1. 現行の日本卓球ルールによる
  2. 参加者は日本卓球協会指定のゼッケンをつけること
  3. タイムアウト制は採用しない

使用球

日本卓球協会公認球で主催者が指定したボール(40mm・ホワイトプラスティックボール)

参加料

シングルス1名につき1,300円。ダブルス1組につき1,800円

参加申し込み

別紙「参加申込書」に必要事項を記入して申し込む

申込はメールにてお願いします。 hamataku_taikai2016@yahoo.co.jp
メールの件名には、大会名およびチーム名を記載してください。

メールで申込みできない場合は下記の申込先にお送りください

〒435-0037   浜松市南区青屋町650-1  高村 直己 宛

申込期間

令和元年7月20日(土)~31日(水)

参加料納入

浜松磐田信用金庫 三島支店 普通 680570
[口座名義] 浜松卓球協会参加料 会計 松本浩志

申込書と同じチーム名と責任者名で振り込んでください
例 ハマタククラブ ハママツタロウ
※棄権する場合、参加料は返金しません

納入日の締切は申し込み締め切り日と同じです

その他

万一競技中事故があった場合、主催者側では一切の責任を負わないので、各自傷害保険に加入してください

問い合わせ先

高村直己

TEL:090-8469-0682 E-mail:hamataku_taikai2016@yahoo.co.jp


本大会

大会名

第59回東海卓球選手権大会

開催日

11/15(金)~11/17(日)

開催地

岐阜県岐阜市 岐阜メモリアルセンター

本大会申し込み

  1. 予選会において、本大会の出場権を得た選手は、必ず予選会場で『参加申込み』をしてください
  2. 無条件出場資格者及び予選会で試合がないカテゴリーも予選会場で『参加申込み』をしてください
    なお、申込みは、代理人でも可とします
  3. 申込みの際は必ず参加料を添えて申し込んでください(シングルス1名3,000円,ダブルス1組4,000円)

無条件参加資格者(昨年度ランキング保持者)

氏名(所属)種目氏名(所属)種目
稲木晨悟(静岡学園高)男子シングルス伊藤潤(FEVER)サーティ男子
平林大青(静岡学園高)男子シングルス山本寛(浜松修学舎高職員)サーティ男子
手塚元彌(静岡学園高)男子シングルス一杉直(FEVER)フォーティ男子
稲木晨悟・手塚元彌(静岡学園高)男子ダブルス須山広治(FEVER)フォーティ男子
手塚大輝・松本光史(静岡学園高)男子ダブルス河内啓恭(ウインサム)フォーティ男子
深沢大陽・岡田聖世(浜松修学舎高)男子ダブルス石川猶章(North wind)シックスティ男子
松本光史(静岡学園高)ジュニア男子小栗猛(金曜会)セブンティ男子

昨年度のランキング保持者は当該種目につき無条件で参加できる。但し、昨年度のジュニアの部のランキング保持者で現高校3年生は男女シングルスの部に無条件で参加できるものとする。なお、年齢別種目のランキング保持者は、希望により当該種目と同じまたは若い種目に参加できるものとする。